日本は世界的傾向である高齢化の最前線に位置し、どの国もかつて経験した事のないような状況にあります。

このeケーススタディとビデオドキュメンタリーは、日本の高齢化問題を調査し、かつてないほど増加する高齢者がどのように人生を楽しんでいるのかを紹介する作品です。

科学が寿命をどれだけ延ばせるか、健康で生き生きとした暮らしを送るために社会的なつながりがどんな役割を演じるのか、高齢者のニーズにこたえるため必要とされる介護者の役割と都市のあり方とはどういうものかを検証しています。

その結果、政府が政策に健康の社会的決定要因を考慮するように求めています。

日本は平均寿命が最も長く、科学技術が高度に進歩し、伝統的に低脂肪の健康食をとっている世界で最も健康な国のひとつであると広く認められています。

日本が高齢化と高齢者の社会参加の重要性にどう向き合っているかを検証することによって、行動に起こすべき課題が浮かび上がってきます。健康状態を改善し、健康を維持するために、家族や地域の人々との関係を築き、強化することの重要性を強調しています。

社会参加などの社会的決定要因のように、より幅広い要因による影響についての理解を深めることによって、政策立案者がこのような観点を今後の健康政策の土台とすることが望まれます。このeケーススタディはその他の決定要因に対する情報と資料を提供します。